スポンサードリンク
中古マンションの目ぼしい物件が見つかったら見学をしますが、
物件見学時の不動産屋の選び方にもポイントがあります。
この記事を参考に不動産屋を賢く選んで効率良く見学してください。


物件見学は数件まとめて見学することが多くなりますが、
見学をする前に第一候補の中古マンション物件を決めてください。
第一候補の物件をメインで管理している不動産屋を軸にして、
その他の物件見学も手配してもらいましょう。


中古マンションを不動産屋が紹介する場合は仲介ですので、
どの物件でも紹介できます。

SUUMO(スーモ)や不動産情報ネット「ふれんず」などで
同じ物件の情報が複数掲載されているのは扱っている不動産屋が複数あるからです。

そのなかでも、オーナーと直接取引をしているメインの不動産屋があります。
最終的に購入するときは値段交渉やその他の相談が効きやすくなります。

電話で「御社がメインで管理されていますか?」と聞けば、
大体の場合は教えてくれますので確認してください。


第一候補の物件をメインで管理している不動産屋が分かったら、
その他の物件見学も、その不動産屋に伝えれば、手配してくれます。

物件見学は、最寄りの駅までは自分で行って、そこからは車での案内が一般的です。
車での案内にかかる費用は不要です。不動産屋に聞いたら、逆に受け取ってはダメで、
仲介手数料しか収受できないそうです。

ただし、同じ沿線の2~3駅の地区に絞るなど、配慮はしてください。


こうすることで、複数の物件見学をするときに、
複数の不動産屋に連絡して依頼する手間が省けます。

限られた時間での物件見学でしょうから、
賢く不動産屋を選んで、効率良く見学してください。
スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加